耳の症状と病気

耳について

耳は、「聴こえ」を担う感覚器官であると同時に、体のバランスを保つ平衡感覚にも関係する大事な器官です。耳の入り口から鼓膜までの「外耳」、入ってきた音を内耳へ伝える「中耳」、中耳からの音の振動を神経の信号に変換する蝸牛とバランスを司る三半規管などの平衡器官がある「内耳」の3つに分かれています。
耳の病気になると症状として、耳の痛み・痒み、耳閉感(耳が詰まった感じ)、難聴(聞こえにくい)、耳鳴り、耳漏(耳だれ)、めまいなどが起こる場合があります。

耳の症状について

  • 耳が痛い
  • 耳漏(耳だれ)が出る
  • 耳から血が出る
  • 耳が痒い
  • 耳が腫れる
  • 耳鳴りがする
  • 耳が詰まった感じがする(耳閉感)
  • 耳が聞こえない、聞こえにくい(難聴)

耳の病気について

耳垢(みみあか)

耳垢は、外耳道の機能により自然に外へ排出されるようになっていますので、基本的には掃除を頻繁に行わなくても構いません。しかし、乾いていない耳垢のタイプ(アメミミなど)の方や、耳穴が狭い幼児・小児や、高齢者など、耳垢が溜まりやすい方には定期的な耳掃除が必要になります。耳垢が詰まると、耳閉感や難聴などを起こします。
気になる方は、当院で掃除しますので、お気軽にご相談ください。

外耳炎

外耳道に炎症を起こす病気で、痛み、痒み、耳だれなどの症状を起こします。耳に水が入ったり、耳かきのしすぎがきっかけになることが多いです。
痛みや痒みで何度も触ることで悪化して治りにくくなることもありますので、早めの受診をお勧めします。
また、外耳炎が長引いている場合は真菌(カビ)によることもあります。一般的な細菌によるものと治療が異なりますので、ご相談下さい。

 

外耳道真菌症

外耳道真菌症とは、何らかの原因で外耳道に真菌(カビ)が繁殖してしまう病気です。一般的には、外耳炎が原因で耳の痒みなどが気になり、耳かきや綿棒などで耳をかいているうちに外耳道に傷がつき、そこに真菌(カビ)が繁殖することで生じます。症状としては、耳の痛み、痒み、耳だれ、耳閉感、難聴などがあります。
治療方法は、真菌(カビ)に感染しているかどうか耳だれの検査を行い、耳だれを吸引するなど外耳道を清潔にし、抗真菌薬の軟膏、点耳薬を使用していきます。

 

外耳道異物

外耳道に、小石やBB弾、耳かきの先端部、昆虫などの異物が入ってしまった状態のことをいいます。症状としては、異物の種類にもよりますが、昆虫などの場合は動くこともあり外耳や鼓膜を刺激し雑音や痛みなどを伴います。できるだけ早く受診して取り出すようにしましょう。

中耳炎


鼓膜より奥の「中耳」に炎症がおこる病気を中耳炎と言います。
痛み、耳閉感(耳が詰まった感じ)、難聴(聞こえにくい)、耳鳴、耳だれ、めまいなどが起こる場合があります。急性のもの、慢性のものなどいろいろな疾患があります。

外傷性鼓膜穿孔

外傷性鼓膜穿孔とは、耳かき(綿棒)で突いてしまうなど直接鼓膜に穴をあけてしまう場合(直達性穿孔)と、平手打ちやダイビングなどによる気圧の大きな変化が原因となる場合(介達性穿孔)があります。
症状としては、耳の痛み、耳出血、難聴、耳鳴り、耳閉感(耳が詰まった感じ)などがあります。外傷の程度によっては、内耳に影響を及ぼしめまいを起こす場合もあります。
治療としては、感染を起こさず、比較的小さい穿孔の場合は、鼓膜の再生力で自然に閉鎖することが期待できますが、感染を疑う場合、抗生剤の内服や点耳薬などを使用します。また、自然に閉鎖しない場合、外来でできる鼓膜穿孔閉鎖術や、連携病院への紹介になりますが鼓膜形成術を行う場合もあります。治療中は、耳を乾燥させておく必要があり、お風呂やプールでは耳に水が入らないようにする必要があります。

内耳炎

多くは中耳の炎症が内耳まで及ぶことで発症し、そのため内耳の役割である音を感知する機能とバランス感覚に影響を及ぼします。慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎の方が急に細菌やウィルスの感染を起こすことで生じたり、急性中耳炎が難治の場合、稀に髄膜炎によって起こることがあります。
症状としては、音の障害では難聴・耳閉感(耳が詰まった感じがする)・耳鳴りがあり、バランス感覚の障害ではめまい・平衡障害などがあります。
治療は、まず内耳炎の原因となった中耳炎等に対する治療を行います。内耳炎に対しては、ステロイドなどの薬物療法を行いますが、内耳が一度障害されると聴力の回復が難しい場合があります。そのため、内耳炎の原因となった病気の治療をできるだけ早期に行い内耳炎にならないように予防していく必要があります。

難聴(聞こえにくい)

難聴は聴覚が低下した状態のことで、耳鳴を伴うこともあります。外耳、中耳、内耳のいずれかに障害が起こることで生じます。どこの障害でなったのかで治療が変わってきます。難聴には、伝音難聴と感音難聴があります。

伝音難聴

外耳炎や中耳炎で起こる難聴です。

詳しくは、外耳炎急性中耳炎滲出性中耳炎慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎をご確認ください。

感音難聴

感音難聴には、老人性難聴、突発性難聴急性低音障害型感音難聴、メニエール病 などがあります。

老人性難聴

加齢とともに会話が聞きづらくなったり、テレビの音量を大きくしないと聞き取りにくくなっていきます。健康診断等で聴力の数値に異常がある場合は、耳鼻科を受診してください。

耳鳴り

耳鳴りは、外耳、中耳、内耳、それより中枢(脳内)の聴覚系のいずれの部位であっても耳鳴りを起こすと言われております。
原因多くは、内耳の障害で難聴を伴っている場合が多いのですが、検査上正常な場合もあります。過労やストレス、心因的な要素も関与すると言われています。
耳鳴りの消失は難しいですが、症状をやわらげたり、耳鳴りとうまくつきあっていく方法 TRT(音響療法)を検討することもあります。

めまい

私たちの体には、全身のバランスを保つ機能が備わっています。この機能に異常が起きると、平衡バランスが崩れ、めまいやふらつきを感じることになります。めまいが生じる病気はいくつもあり、生じた際の感覚もそれぞれに異なる場合があります。当院ではフレンツェル眼鏡を用いた眼振検査や聴力検査、重心動揺計検査などを用いて、めまいに関連する部位の状態を把握し、適確な診断と治療の提供を心がけています。めまいで生活に不安を感じる方は当院にご相談ください。

おおた耳鼻咽喉科 スタッフブログ患者様の声