急性中耳炎

急性中耳炎とは

急性中耳炎は、鼓膜の奥に広がる中耳に細菌などの病原体が感染して炎症が生じる病気です。
風邪をひいた際などに、鼻や喉にいた病原体が鼻の奥からつながる耳管を通じて中耳内へと侵入し、そこで感染を起こして炎症が生します。この炎症によって分泌された膿が中耳内の空間にたまって鼓膜を圧迫し、強い痛みや発熱、耳の詰まった感じなどが起こります。その炎症が続き膿の分泌が許容量を超えると鼓膜が破け耳漏(耳だれ)が生じます。
また急性中耳炎は、約8割の子どもが3歳までに一度は経験するといわれているほど子どもに多く発症する病気です。これは、子どもの耳管が発育途上にあり、大人よりも太くて短くなだらかなせいで、病原体が中耳へと侵入しやすい状態にあるからです。乳幼児期の子どもの場合は、耳に異常があることを周囲にうまく伝えられないので、保護者の方が耳の様子に気をつけてあげる必要があります。

 

急性中耳炎の症状

  • 耳痛
  • 耳の詰まる感じ・難聴
  • 発熱
  • 不機嫌になる(乳幼児の場合)
  • 耳をさわる、気にしている(乳幼児の場合)
  • 耳に手を当てて泣く(乳幼児の場合)
  • 耳だれ

上記のような症状があります。

急性中耳炎の原因

急性中耳炎は細菌やウイルスなどの病原体が鼻やのどから中耳へと耳管を通って侵入し、そこでも感染することで生じます。急性中耳炎の原因のほとんどが細菌感染かウィルスと細菌の混合感染と言われています。そのため、たとえば風邪をこじらせ、それによって鼻・副鼻腔炎、咽頭炎になると細菌の混合感染を起こして、病原体が耳管から侵入し、中耳へ波及して発症します。
また、子どもの耳管は、成人の耳管と比べると太くて短く、さらに耳管の角度が成人は約45度の傾斜に対し、子どもはほぼ水平に近いので、細菌などが中耳に侵入しやすくなっています。そのため、保護者の方は子どもが、風邪が長引いて鼻水が長く続くときは、細菌の混合感染から中耳炎を合併する可能性があることを注意してあげましょう。

 

急性中耳炎の予防

多くの場合、急性中耳炎では鼻水が原因で病原体が中耳へと感染します。したがって風邪をひいた際には、病原体を含んだ鼻水をすすったりせず、鼻をかむことによってこまめに体外へと排出し、鼻の中をできるだけ清潔な状態に保つことが中耳炎の予防につながります。
また、子どもがまだ幼い場合には、保護者の方が鼻をかむ方法を教えてあげたり、市販されている吸引器などを用いて鼻水を吸い取ってあげるようなことも重要となります。粘り気が強い鼻水の場合は自宅の吸引器では取りきれない場合もありますので、その際は鼻処置のための受診をお勧めします。

治りにくい中耳炎について

半年間に3回(または1年間に4回)以上の急性中耳炎を繰り返す「反復性中耳炎」や、急性中耳炎の鼓膜所見を3週間以上続いている状態の「遷延性中耳炎」(せんえんせい:長引くこと)、急性中耳炎を治療してもなかなか改善しない「難治性中耳炎」など、治療に苦渋する中耳炎があります。それらには、以下のような「なりやすさ(リスクファクター)」があります。

たとえば保護者の方が喫煙者の場合、子どもが中耳炎になりやすいといわれてます。これは、受動喫煙によって鼻や喉などの粘膜が異物を排除するために起こす線毛運動(せんもううんどう)が弱まって、風邪などの感染症にかかりやすくなるからです。
また、他にも兄弟姉妹が多いことや人工栄養児であることがリスクを高めたり、仰向けの授乳で耳管からミルクが入って感染を起こしたり(ミルク性中耳炎)、さらには保育園などでの集団生活が感染の繰り返しを招くことがあります。

前程として、2歳未満の乳幼児は抵抗力が弱いことも中耳炎を反復しやすい原因といえます。なお、最近では抗生剤が効きにくい耐性菌が原因で中耳炎を発症する場合も多く、適正に抗生剤が投与されていないと中耳炎が反復し、治療が長引いてしまうこともあります。

急性中耳炎の治療

急性中耳炎の治療は、原因となっている細菌感染の解消(鼻・副鼻腔炎や咽頭炎の治療)が必要です。抗生剤の内服で治療していきます。小さな子どもに対しては【小児急性中耳炎診療ガイドライン】にしたがって治療を行います。子どもの急性中耳炎は繰り返すことも多いので抗生剤の治療が長引くこともあります。当院では、反復性や遷延性(せんえんせい:長引くこと)の中耳炎には、漢方薬を併用することで、その発症を減らす治療も行っております。
また、急性中耳炎になる過程が、鼻(上咽頭)から耳管を通って(経耳管的)に感染が起こるので、鼻処置を行い、ネブライザーで鼻と上咽頭の炎症を取ることが大切です。

痛みや発熱が解消しても急性中耳炎が完治したとは判断できず、医師に鼓膜を診せて治癒したかどうか診断を受けるようにしてください。

近年、子どもの急性中耳炎の治療で抗生剤がききにくい耐性菌が原因となるケースも報告されております。治療を行ってもなかなか治らない、耳漏(みみだれ)が改善しない難治性の耐性菌が原因の場合は、「肺炎球菌迅速検査」や「細菌培養検査」を行い、耐性菌などを考慮した抗生剤の選択をしています。

急性中耳炎が重症化して、乳様突起炎を引き起こしてしまうと、抗生剤の点滴治療や手術治療(乳突削開術)が必要になる事もあります。

鼓膜切開

中耳炎による耳の痛みが強い場合や高熱がなかなか下がらない場合、また抗生剤を投与しても鼓膜所見が改善しない場合などに鼓膜を切開することがあります(鼓膜切開術)。鼓膜を切開すると、耳の痛みや発熱の速やかな改善が期待できます。また、切開により膿を排出すると、中耳腔内の細菌を減少させることができますので、抗生剤の効果もより期待できます。鼓膜を切開した穴(穿孔:せんこう)は、中耳炎の症状が改善するとほとんどが数日で閉鎖します。
鼓膜切開は外来処置にて行っております。小さな子どもでも(0歳~3歳)可能です。

急性乳様突起炎

子どもの中耳炎が悪化した際に、中耳の炎症が乳突洞に波及して乳突洞の骨を破壊し、膿が耳後部の皮下にまで溜まってしまう急性乳様突起炎という病気になる場合があります。特徴としては、耳介聳立(じかいしょうりつ)といって耳後部が発赤し、耳介が立ってきます。治療方法は、重症な急性中耳炎と同様に抗生剤の点滴などを行います。まれに手術治療(乳突削開術)が必要となる場合もあります。

おおた耳鼻咽喉科 スタッフブログ患者様の声