慢性中耳炎・真珠腫中耳炎

慢性中耳炎とは

急性中耳炎が治らず、鼓膜に穴が開いたままとなり、耳だれ(耳漏)を繰り返す病気です。 穴の大きさにもよりますが、難聴と耳閉感(耳が詰まった感じ)を伴います。
慢性中耳炎は主に慢性穿孔性中耳炎と癒着性中耳炎の2種類に大きく分けられます。いずれも聴力に大きく関与する鼓膜や耳小骨に異常が生じるもので、治療には基本的にこれらを修復する手術が必要になります。

慢性穿孔性中耳炎とは

急性中耳炎や外傷によってできた鼓膜の穴(穿孔)は、炎症が治まるとほとんどが自然閉鎖しますが、治療が不十分だったり、炎症が高度だった場合に鼓膜の穴(穿孔)が塞がらないことがあります。この状態を慢性穿孔性中耳炎といいます。病状は、鼓膜の穴(穿孔)によって音を正常に伝えられず難聴を生じたり、細菌などの病原体が中耳腔内で感染を繰り返し、そのたびに鼓膜の穴(穿孔)から耳漏(みみだれ)が生じます。

 

癒着性中耳炎とは

中耳腔内の空間を換気している耳管が機能しなくなり中耳腔内の空気が入らないことで鼓膜が中耳の内壁へと貼りついて癒着してしまう中耳炎を癒着性中耳炎と言います。癒着のせいで鼓膜が振動できなくなるため難聴を生じたり、換気が滞ることで炎症がおこり耳漏(みみだれ)を生じます。

 

慢性中耳炎の症状

慢性中耳炎では痛みを伴うことはほとんどなく、主に以下のような症状が現れます。

難聴・耳鳴り

鼓膜の穴や癒着のせいで鼓膜が音を正常に伝達することができなくなる伝音難聴が生じます。難聴が軽度の場合は、耳の詰まった感じ(耳閉感)として感じる場合もあります。
また、長期にわたる慢性炎症の影響で、耳小骨が石のように硬化して高度な伝音難聴が生じたり、内耳に炎症が波及し治療が難しい感音難聴を併発することなどもあります。この感音難聴を起こすことで、耳鳴りが生じます。

耳漏(みみだれ)

鼓膜の穴(穿孔)や耳管の機能障害により、中耳腔内で細菌感染を繰り返し、そのたびに鼓膜の穴(穿孔)から耳漏(みみだれ)を生じます。

慢性中耳炎の治療

主症状の一つである耳漏(みみだれ)は、外来で耳処置をしたり、抗生剤の内服や点耳薬を使うことである程度(一時的に耳だれを停止させる)までは軽減することが可能です。しかし、慢性的な炎症があるため、風邪などをきっかけに再び耳漏(みみだれ)が出てきてしまうので、根本的に耳漏(みみだれ)を止めることはできません。
この耳漏(みみだれ)に対する根本的な治療は鼓室形成術という手術になります。手術によって耳漏を停止することができ、聴力が改善できる場合があります。
慢性中耳炎の治療において、わずらわしい症状からの解放が期待できるのは手術です。手術によって症状改善が見込める場合は、耳手術の経験の多い連携病院へ紹介します。

鼓膜穿孔閉鎖術

鼓膜の穴(穿孔を塞ぐ方法には、「鼓膜形成術」や「鼓室形成術」などがありますが、耳漏(みみだれ)がなく、穴が小さい軽度な状態の場合には、鼓膜穿孔閉鎖術を行います。この方法が有効かどうかは、パッチテスト(人工膜で鼓膜の穴を閉鎖して聴力の改善を確認するテスト)の結果で改善がみられた場合に適応となります。当院でも実施しております。

真珠腫性中耳炎とは

鼓膜の一部が中耳腔側へと内陥(ないかん:内側に入り込む・凹む)し、そこに耳垢が堆積(たいせき)して塊になり、徐々に大きくなっていき、それが周囲の骨など様々な組織を破壊する中耳炎を真珠腫性中耳炎と言います。慢性中耳炎の一種であり、いくつかある中で最も重症度の高い中耳炎と言われています。
真珠腫の塊が一見すると真珠のように見えることからついた名称で、がんのような腫瘍性病変とは異なります。

鼓膜の内陥は、中耳腔内を換気している耳管が何らかの原因で機能障害を起こすことで中耳腔内に陰圧が生じ、それにより鼓膜の一部が中耳腔側に引き寄せられることで発生するものと言われています。そのため、耳管の機能障害が発症に関与している滲出性中耳炎や癒着性中耳炎などから真珠腫性中耳炎へと進展するようなこともあります。

 

先天性真珠腫

先天的(生まれつき)に中耳腔内に真珠腫が存在している事があります。後天性の真珠腫性中耳炎と同様に進行すると様々な症状を引き起こします。そのため、なるべく早く発見し治療をする事が大切です。治療は鼓室形成術などの手術となります。

 

真珠腫性中耳炎の症状

真珠腫が小さい段階では自覚症状はほとんどありませんが、真珠腫に感染(炎症)が起こると耳痛や耳漏が生じます。
また、真珠腫が大きくなってくると、鼓膜から内耳に音を伝える耳小骨が破壊されて伝音難聴と呼ばれる聴力の低下が生じます。さらに内耳にまで真珠腫が進展すると、伝音難聴よりも治りにくい感音難聴や耳鳴り、めまいなどを生じるようになります。

その他に、耳の中を走る顔面神経や味覚神経を真珠腫が圧迫して顔面神経麻痺や味覚障害を起こしたり、上方の骨である頭蓋骨を破壊して頭蓋骨内に炎症を波及させ、それにより髄膜炎や脳炎などの深刻な病気を合併するようなこともあります。

真珠腫性中耳炎の治療方法

真珠腫性中耳炎の治療は手術が必要です。手術は、真珠腫の除去ならびに破壊された鼓膜や耳小骨の修復を目的に行われます。
真珠腫は小さなものでも取り残しがあると、そこから大きさを増して再発する可能性があるので、手術では全ての真珠腫を余すことなく取り除く必要があります。こうした必要性から手術を2回に分けて行う医療機関もあります。手術内容としては、真珠腫の除去と鼓膜の修復、そして残存真珠腫の有無確認と耳小骨の修復を行います。
手術が必要と判断した場合は、耳手術の経験の多い連携病院へ紹介します。

おおた耳鼻咽喉科 スタッフブログ患者様の声