扁桃肥大・アデノイド肥大

4つの扁桃組織について

扁桃は、リンパ組織が集まった組織で、呼吸によって鼻や口から入ってくるウィルスや細菌を捉え、気管や肺に侵入するのを防ぐ免疫機能を持っております。
扁桃には、鼻の奥の咽頭扁桃(アデノイド)、舌の付け根の舌根扁桃、耳管扁桃、口蓋垂(のどちんこ)の両脇にある口蓋扁桃の4つの組織があります。
                  

扁桃肥大とは

扁桃肥大とは、口蓋扁桃が肥大する状態で、3歳頃から大きくなり、7歳頃にピークとなり10歳頃には小さくなります。扁桃肥大が原因で、呼吸障害や食べ物が飲み込みにくい、時間がかかるなどの飲み込み障害、いびきによる睡眠時無呼吸、寝起きが悪い、日中眠そうにしているなどの睡眠障害などの症状を引き起こす可能性があります。

 

扁桃肥大の症状

  • いびき
  • 睡眠時無呼吸
  • 食べるのが遅い

などがあります。

扁桃肥大の治療方法

特に症状がない場合は経過観察です。大きいだけで手術をする事はありませんが、肥大による症状の程度が強い場合は、手術を行う病院を紹介します(扁桃摘出術)。

アデノイド肥大とは

アデノイドはリンパ組織のかたまりで、鼻の奥の突き当たり、喉との間の部分である上咽頭にあります。2歳頃から大きくなり、6歳頃に最も大きくなり、その後、10歳頃までに自然に小さくなっていきます。アデノイド肥大が原因で急性中耳炎を繰り返したり、滲出性中耳炎や鼻閉などを引き起こすことがあります。

アデノイド肥大の症状

  • 鼻づまり
  • 鼻声
  • 口呼吸
  • 普段から口を開けている
  • いびき(睡眠時無呼吸)

などがあります。

アデノイド肥大の治療方法

基本的には、6歳くらいにアデノイドの大きさはピークになり、8歳~10歳くらいの時期に縮小していくため、肥大による上記のような症状がない場合には経過観察を行っていきます。
呼吸障害や睡眠障害の程度がひどい場合は手術が必要になる事もあります。経過観察をしながら判断していきます。また、滲出性中耳炎や副鼻腔炎などを発症している場合は、それに対する治療を行います。

扁桃・アデノイド肥大が引き起こす悪影響について

空気の通り道が狭くなるため、鼻づまり・口呼吸・いびきがあり、重症化した場合は寝ている間に呼吸が一時的に止まる「睡眠時無呼吸症候群」が起こることもあります。幼児の場合、寝起きの悪さ、日中の強い眠気による居眠り、集中力の低下などが起こります。子どもが風邪を引いて、鼻づまり、口呼吸、いびきを起こすことはよくありますが、風邪の症状が軽くなってもこれらの症状が続く場合は、扁桃肥大やアデノイド肥大と考えられますので受診するようにしてください。また、アデノイド肥大があると滲出性中耳炎や副鼻腔炎が治りにくくなります。
アデノイド肥大が大きくても、呼吸障害や睡眠障害への影響が大きくなければ、経過観察を行います。手術が必要な場合は連携病院をご紹介いたします。

検査

視診やレントゲンにて扁桃肥大・アデノイドの肥大具合を観察し、鼻咽腔のとおりが悪くないかを確認します。レントゲンが上手く取れないときは、必要に応じて正確な状況を判断するために鼻からファイバー(内視鏡)を使用します。検査時に子どもがじっとしていられない場合も、内視鏡を使用することで映像を再生して確認できます。

※当院では5歳くらいから子どもにも睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を行っています。その結果を基に扁桃肥大・アデノイド肥大の影響を確認します。

おおた耳鼻咽喉科 スタッフブログ患者様の声