滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは

滲出性中耳炎とは、鼓膜の奥の中耳腔に滲出液と呼ばれる液体が貯留する病気です。
中耳腔内で炎症が起こると、中耳腔の細胞から炎症性の水が滲みでてきます。これを滲出液といい通常は中耳と鼻の奥をつなぐ耳管から喉の方へ排出されます。しかし、耳管が何らかの原因で機能しないと滲出液が排出されずに中耳腔内にととどまり耳の詰まった感じ(耳閉感)や難聴が生じる滲出性中耳炎を発症します。
どの年齢でも起こりますが大半は子どもに発症し、子どもの場合は両耳のことが多いです。

また、滲出性中耳炎を長期間放置すると、癒着性中耳炎や真珠腫性中耳炎になりやすい状況になります。

滲出性中耳炎の症状

滲出性中耳炎は急性中耳炎とは異なり耳の痛みや発熱を伴いにくいので、乳幼児期の子どもに発症した際には保護者の方が以下のような症状に気がついてあげる必要があります。

  • 耳の詰まった感じ(耳閉感)
  • 聞き返す(難聴)
  • 大きな声で喋る
  • TVを見る時に近づいたり、ボリュームを上げる
  • 呼びかけても反応しない

滲出性中耳炎になりやすい子ども

滲出性中耳炎を発症した子どもには、主に以下のような傾向が見て取れます。

  • 風邪をひきやすく、咳や痰が続いている
  • 鼻炎や副鼻腔炎で、鼻水や鼻づまりが続いている
  • 大きないびきをかくなどアデノイド肥大が疑われる場合

滲出性中耳炎と急性中耳炎の違い

滲出性中耳炎と急性中耳炎は、主に症状の違いによって区別することが可能です。
急性中耳炎では耳の詰まった感じや難聴に加えて、耳の痛みや発熱といった急性炎症特有の症状が現れます。一方の滲出性中耳炎では耳の詰まった感じや難聴は現れますが、耳の痛みや発熱など他の症状を伴うことはほとんどありません。
このように滲出性中耳炎は、急性中耳炎ほど際立った症状が現れにくいことから、特に乳幼児期の子どもに発症した場合、自らが進んで周囲に症状を訴えるようなことはほとんどありません。そのため、発見が遅れて気がついた時には鼓膜が内陥(ないかん:内側にへこむ・入り込む)したり癒着するといった異常が生じ重症化しているようなこともあります。

滲出性中耳炎の原因

滲出性中耳炎の直接的な原因は、耳管が何らかの原因で機能しなくなる事によって滲出液が中耳腔内に貯留することにあります。

原因その1.完治しきらなかった急性中耳炎

急性中耳炎では耳痛・発熱などの諸症状が解消されたからといって安心せずに治療を完遂させないと、中耳腔内に炎症が残ってしまうことがあります。この残った炎症により滲出液を分泌することで滲出性中耳炎となります。

0~2歳くらいの子どもは急性中耳炎のあとに滲出性中耳炎になりやすいので急性中耳炎をしっかりと治療することが大切です。

原因その2.鼻や喉の病気

鼻炎や副鼻腔炎、咽頭炎などにより、鼻の奥にある耳管開口部周囲に炎症を起こし、その炎症で耳管の働きを低下させることや、子どもに多いアデノイド肥大によって、耳管が塞がれて機能しなくなることで、滲出性中耳炎を発症しやすくなります。
3~6歳の子どもは、鼻炎や副鼻腔炎・アデノイド肥大で滲出性中耳炎になる事が多いです。

原因その3.発育途上の耳管

7歳~8歳くらいまでの子どもの耳管は発育途上にあることから、耳管がきちんと働かないため、滲出性中耳炎を発症しやすくなります。また、口蓋裂やダウン症の子どもは生まれつき耳管機能障害があるので発症しやすく、また治りにくい傾向にあります。

滲出性中耳炎の早期発見方法

滲出性中耳炎は耳の痛みや発熱のような際立った症状を伴わないせいで、周囲に症状をうまく伝えきれない小さな子どもほど発見が遅れる傾向にあります。そうした中でも以下に挙げるような子どもが示しやすい行動パターンに注意を向けることが、早期に発見する可能性を高める方法になることがあります。

方法その1.TVを見る時の行動に注意する

TVを見る時にボリュームを上げたり近づいたりする事が増えたと感じた場合。

方法その2.呼びかけた時の反応に注意する

名前を呼んだり話しかけたりしても気がつかなかったり、気がついても聞き返してくるようなことが増えた場合。

方法その3.声の大きさの変化に注意する

普段の会話で声が大きいと感じるようなことが増えた場合。
※貯留した滲出液によって自分の声がこもって聞こえるようになっている可能性があります。

方法その4.耳を気にするようなしぐさに注意する

頻繁に耳に触れるなど、耳を気にするようなしぐさが目立つようになった場合。
※貯留した滲出液が耳に違和感や不快感を与えている可能性があります。

方法その5.鼻の症状の長期化に注意する

風邪や鼻炎、副鼻腔炎など鼻の症状を持つ病気が長引いている場合、鼻の炎症が耳管開口部周囲まで及び、その炎症のため耳管の働きを低下させる可能性が高まります。特に直前に急性中耳炎を患っていたような場合には、普段以上に耳の様子に注意を向ける必要があります。

方法その6.直接聞いて確認する

耳が聞こえにくくないか、おかしい感じがしないかなど、気になったことを直接聞いてみることも大切です。ただし、これは子どもが保護者の方の言うことをある程度理解できる年齢に達していないと難しいことなので、確認が難しい場合には受診して下さい。

滲出性中耳炎の治療

根気よく治療をしていきましょう

滲出性中耳炎は学童の年齢(8歳~10歳)に達すれば自然治癒が期待できると言われている一方で、そうした年齢にまだ期間がある場合には積極的に治療を受けることが望まれ、なおかつその治療には長期間(3ヶ月以上)の時間を要することも珍しくない病気です。

したがって、保護者の方においては通院がある程度長期にわたることをあらかじめ見通して、根気よく子どもの治療に臨んでいくことが大切です。また、滲出性中耳炎にかかりやすくなる3歳以降は言語の発達する時期です。

滲出性中耳炎が高度な場合は聴力が低下してきます。この難聴が長期化すると言語関連の発達に影響を与える可能性があるとも言われています。こうした影響を避けるためには子どもの滲出性中耳炎を早期に発見することが大切であり、難聴がないか注意深く観察してください。

治療方法

滲出性中耳炎による難聴がひどくない場合は、原因となる疾患の治療を行いながら、経過観察を行います。
治療内容としては、

滲出液を排出していくように、鼻の奥にある耳管開口部周囲の炎症をとることや、その炎症の原因である、鼻炎や副鼻腔炎、咽頭炎を改善していくために、ネブライザーや鼻処置などを行います。また、それに対する薬物治療も行ってきます。あわせて、滲出液の排出を促す薬の内服も行います。ここまでは小さな子ども(2.3歳位まで)でも治療ができます。

通気処置

それでも治療効果が不十分な場合は、通気処置を行います。この治療は動作指示が必要なので、治療ができるのは3.4歳以上が目安となってきます。通気処置ができる子どもであれば、自宅でも通気処置をするためのオトヴェントという風船を買っていただき、自宅で自己通気します。

【オトヴェントとは】
オトヴェントは、鼻でバルーンを膨らませる事によって耳管を開き、中耳内圧と外気圧とを等しくすることが自分でできる器具(自己耳管通気器具)です。
主に滲出性中耳炎の治療に用いられています。最近では、ダイビングの耳抜き不良の改善、航空性中耳炎の予防、高気圧酸素療法中の耳痛の予防などにも使われております。子どもから大人まで使用している製品です。

マクロライド少量長期投与

通気処置ができなかったり、上記の治療で改善が見られない場合は、副鼻腔炎と同じようにマクロライド少量長期投与といって、抗生剤を通常量よりやや少なめの量を長く飲む治療を行います。抗生剤はなるべく長く飲ませたくないものですから、一時的に行ったり、よくなってきたら早めに辞めたりと保護者と相談しながら行います。

難聴がひどくなったり、長期間続く場合(3ヶ月以上)には、滲出液の排出のために、鼓膜切開術や鼓膜チューブ留置術という外来でできる処置を検討します。
滲出性中耳炎の治療は、マクロライド少量長期投与、オトヴェント(自己通気)、鼓膜切開などを保護者の方にご説明し、相談して行っていきます。

鼓膜切開術

鼓膜を切開する目的としては、中耳腔内に溜まっている滲出液を排出させる事と中耳腔内の換気です。滲出液がなくなると鼓膜がよく振動し、聴力の改善が期待できます。切開した鼓膜は数日で自然に閉鎖しますが、耳管の機能が改善していなければ、治療後に再度滲出液が溜まり再発することがあります。

鼓膜チューブ留置術(チュービング)

鼓膜切開を行っても、滲出性中耳炎による滲出液の貯留が繰り返される場合には、鼓膜チューブ留置術(チュービング)という方法で鼓膜の切開部分に換気口の役割でチューブをはめ込んで留置します。チューブはシリコン製で違和感なく、数mm程度の小さなもので外から見えません。また、チューブは2年程度留置しておくので、長期にわたって持続や反復が見られる症状に対して特に効果が期待できます。

この手術は外来で行える手術ですが、処置の際に動いてしまう小さな子どもには行えません。病院へ紹介して全身麻酔でチューブを留置します。チューブ留置が必要だと判断した場合に外来でできるかどうか判断いたします。

おおた耳鼻咽喉科 スタッフブログ患者様の声