舌下免疫療法

舌下免疫療法とは

スギ花粉症の舌下免疫療法舌下免疫療法は、薬物療法やレーザー治療などのように対症的な観点からではなく、根本的な観点からアレルギーを治療する方法です。
舌の下に薬剤を投与し、アレルギー反応を起こさないような身体にしていく治療法です。
原因となるアレルゲンを用いて行う治療法のため、原因となるアレルゲンを確定する確定診断が重要です。
現在、スギ花粉症ダニアレルギー性鼻炎に対する治療が可能です。
適応はスギ花粉、ダニアレルギー共に5歳以上になります。
治療は長期間(3~5年)かかります。スギ花粉症に対する舌下免疫療法はスギ花粉の飛散時期中は治療を開始できません。したがって、飛散時期終了後の6月以降が開始時期となります。ダニアレルギーの場合はいつでも構いません。
妊娠中、妊娠を希望している方は、治療を開始することができません。治療を開始してから2週間程度の増量期を経て維持期となれば妊娠は可能です。

 

皮下投与法との比較

従来行われてきた減感作療法は、皮下投与法(アレルゲンを皮膚に注射する)で行われていたために頻回な通院が必要な治療でした。舌下免疫療法は、医師の指導のもと初回以降は自宅で投与が可能で、安全性も高く一定の効果が報告されている治療です。

舌下免疫療法の特徴

  • 薬剤投与時の痛みがない
  • 通院回数が皮下投与法よりも少ない
  • 治療を継続しやすい

 

舌下免疫療法のQ&A

舌下免疫療法ってどんな治療?

アレルギーの原因となるもの(アレルゲン)を少量ずつ投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。今までのアレルギー治療は対症療法でしたが根治が期待できる治療です。

どんなアレルギーに有効なのですか?

現在、スギ花粉症とダニのアレルギー性鼻炎に適応があります。ハウスダストアレルギーの原因のほとんどはダニによるものと言われておりますので、ハウスダストアレルギーの方にも有効です。

何歳からできますか?

スギ花粉、ダニアレルギー共に5歳以上となります。
下記に舌下免疫の治療薬を記載します。
【スギ花粉症】
シダキュア(鳥居薬品) 
【ダニアレルギー】
アシテア(塩野義製薬)
ミティキュア(鳥居薬品) 

治療期間はどの位ですか?

毎日、舌の下に薬を置いて内服する治療となります。治療期間は3年以上は必要で4年~5年を推奨しています。短期間で治療を終了しますと、治療終了後の効果が持続しないと考えられています。

治療を始めるのに必要な検査はありますか?

採血によるアレルギー検査でスギ・ダニが陽性であることがそれぞれ必要です。
当院で行う検査ではRASTまたはVIEW39がそれにあたります。

治療ができない人はいますか?

妊娠中・近いうちに妊娠希望の方、重症な喘息、重い心臓疾患がある方は、服用中の方はできません。また、高血圧でベータブロッカーという薬を内服している方は他の薬に変更する必要があります。

通院回数はどのくらいですか?

治療開始後1~2回は2週間毎、副作用なく安全に治療できているか確認できたら、月1回(4週毎)の通院となります。

いつでも開始できますか?

スギ花粉症の治療の場合は、スギ花粉が飛んでいない時期に治療開始となりますので、6~12月となります。ダニアレルギーの場合は、いつでも構いません。

費用はどの位かかりますか?

薬代は、3割負担の方で、スギ花粉症の場合月約1500円、ダニアレルギーの場合月約2800円となります。(診療費は除く)

実際に5歳からでも開始できますか?

舌の下方に薬剤を1分間保持しないといけないので、それができる子どもでないと開始するのは難しく、小学生からのスタートをお勧めしています。

治療中は他の薬は飲めないですか?

舌下免疫の治療中でも、アレルギー症状が出たら、今までの治療薬を使うことは問題ありません。ただし、ステロイドの内服薬は控えて頂く必要があります。

スギ花粉症の舌下免疫療法の効果については、2シーズン続けていただくと寛解された方が17%、症状が改善された方が67%とされています。
ダニアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法の効果については、1年間服用すると、早い方だと3ヶ月目から効果が現れ1年後には22%程度症状が改善します。患者さんの総合評価は「良いと思う」、「少し良いと思う」の合わせて、80%ありました。

おおた耳鼻咽喉科 スタッフブログ患者様の声